NMRによるグルタミン酸およびグルタミンの検出

2019/12/02 Last update

 

このページは NMR によるグルタミン酸の検出 @本家UBサイト に恒久的に移転しました。このページもネット上に残っていますが、最新の情報はリンク先を参照して下さい。

 


  1. プロトン MRS
  2. 低磁場 MRS での検出

関連項目


1H-NMR

それぞれのプロトンのケミカルシフト値などは以下の通りである(1-3)。Glu-H2 は,Gluの2番の炭素に結合しているプロトンを示す。

 

ピークの分離は,当然磁場が強いほど良くなる。研究用に用いられる9 T前後の磁場のMRSでどのように見えるかをコメント欄に示してある。

 

Proton

Chemical shift (ppm) in D2O

Multiplicity Comments
Glu-H2 3.74 dd MRSではGln-H2と重なる。
Glu-H3 2.04 and 2.12 m MRSではGln-H3と重なる。
Glu-H4 2.34 and 2.35 m MRSではGln-H4と一部重なる。
Proton

Chemical shift (ppm) in D2O

Multiplicity Comments
Gln-H2 3.75 t  
Gln-H3 2.11 and 2.13 m  
Gln-H4 2.43 and 2.45 m  

低磁場MRSでの検出

臨床用の MRI の磁場は 1.5-3 T ほどで,Glu と Gln のピークを分離することが難しい(4I)。両者を合わせて Glx として定量することも行われているが,低磁場での分離を可能にするための検討も行われている。

PRESS (point-resolved spectroscopy)


> PRESS sequence という Glu 定量のためのパルスがある(4I)。

: TE-averaged PRESS, constant-time (CT) PRESS という方法もある。

: 文献4では,CT-PRESS を使って 3 T での Glu, Gln の定量を in vitro, rat in vivo で可能にしている。

: エタノールの投与で,rat 脳で16週後にまず Gln が,24週後に Glu が増えることも示している。

STEAM (stimulated echo acquisition mode)


> これもパルスシークエンスの一つ(4I)。

References